新山口駅は「WEST EXPRESS 銀河」が普通列車を追い越す数少ない駅

JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」は、気軽に鉄道の旅を楽しんでもらうことがコンセプトの観光列車で、今年9月のデビューから11月までは大阪駅~出雲市駅を夜行で結ぶ「山陰ルート」として運行され、12月12日からは大阪駅~下関駅を昼行で結ぶ「山陽ルート」としての運行がスタートしました。

この「WEST EXPRESS 銀河」は列車種別としては一般の特急列車に分類されます。しかし実際は大阪~下関を12時間以上も掛けて走行しており、これは同区間を普通・快速列車を乗り継いで移動した場合よりも長い時間です。その理由の一つはお出迎えイベントや特産品販売のため途中駅で長時間停車することですが、一般の旅客列車や貨物列車の合間を縫うように走らなくてはならないことから、停車駅ではない駅で長時間の運転停車が行われることも大きな要因で、普通列車にすら何度も抜かされてしまいます。決して早く移動することが目的の列車ではありませんが、それにしてかなりの鈍足ぶりです。

しかしながら、まるで特急列車らしいところを魅せるかのように、先を走っていた普通列車を駅で待たせて先に出発する「緩急接続」のようなダイヤが組まれている駅が僅かに存在しています。その中でも唯一上下列車ともに普通列車を追い越す駅が山口県の新山口駅です。


下り列車のダイヤ

下りの「銀河」(列車番号9071M)は岩国駅から3345M 普通 下関行きの数分差で追いかけ続けます。そして3345Mが新山口駅で18時37分から48分まで11分間停車している間に、9071Mは新山口駅18時42分着→44分発で追い越します。

2列車到着の時間差が5分、発車の時間差が4分と、両者とも無駄な時間を掛けず足早に新山口駅を後にしていく光景は、いかにもよくありがちな緩急接続という感じがします。


上り列車のダイヤ

上り「銀河」(列車番号9072M)の8分前に下関駅を発車する3330M 普通 岩国行きは、新山口駅で11時36分から12時3分まで27分間の長時間停車を行うため、その間に9072Mは11時40分着→42分発で追い越します。

下り列車に比べると時間が間延びしてしまう分「緩急接続」感は薄れてしまうような・・・?


「WEST EXPRESS 銀河」は国鉄時代製造の117系を大改造して生み出されましたが、新山口駅で追い越す普通列車に使用される115系N編成の一部編成は、中間車に117系から編入された115系3500番台を組み込んでいます。

前述の通り、上下列車ともに「緩急接続」が見られる駅は新山口駅が唯一なのですが、下り列車の土曜日出発便に限っては姫路駅で725T 普通 網干行きを追い越すダイヤとなっているので、山陽ルート全行程の中で普通列車を追い越す回数は計3回ということになります。

なお、京阪神エリアの複々線区間での「追い抜き」については、当記事における「追い越し」に含んでいません。当然これを加えればそこそこの本数の普通列車を追い抜いているはずです。



「WEST EXPRESS 銀河」山陽ルートの運行日は2021年3月11日(木)出発の上り列車まで設定されており、それ以降の運行スケジュールはまだ発表されていません。和歌山県の自治体が運行を誘致する要望を出している紀南地方など、新たなエリアへと向かうコースが設定されるのか気になります。

そして毎年3月といえばJRグループダイヤ改正が実施される時期のため、もしこれまで通り山陰・山陽方面への運行だとしても運転時刻は大きく変わる可能性もあります。そのときには "特急列車らしい姿" を見ることができるのかにも注目してみると面白いかもしれません。



参考資料

WEST EXPRESS 銀河:JRおでかけネット

鉄道ニュース週報(247) 和歌山からラブコール「WEST EXPRESS 銀河」はどこまで行ける? | マイナビニュース

『JR時刻表』2020年3月号、交通新聞社


0コメント

  • 1000 / 1000