京成電鉄 成田空港駅のホームドア

京成電鉄成田空港駅では、2020年7月11日に京成本線ホームの3・5番線で、同年9月12日に成田スカイアクセス線ホームの1・2・4番線でそれぞれホームドアの稼働が開始されました。これにより、成田空港駅と空港第2ビル駅は京成電鉄・JR東日本ともにホームドア整備が完了しています。なお、両社両駅のホームドア整備事業は、線路・駅などの鉄道施設を保有する成田空港高速鉄道株式会社が事業主体となって行われました。

なお、当初は全ホームで整備が完了するのが2020年6月末と発表されていましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大により工事が一時中断したため、整備完了は当初の予定より約2ヶ月遅れとなりました。


1 ホームドアの概要

同駅は日暮里駅0番線および空港第2ビル駅と同じく、スカイライナーなどに使用されるAE形と一般型車両の両方が同じホームを使用するため、最大幅5m超の開口で両車のドア位置に対応可能とした二重引き戸式大開口タイプのホームドアが採用されました。扉部の塗装も2ビル駅と同じく、成田スカイアクセス線ホームはオレンジ色に、京成本線ホームはブルーに塗り分けられています。

ホームドアについての詳細は以下の記事をご覧ください。

なお、同駅の成田スカイアクセス線ホームについては、1番線が一般列車(アクセス特急)用、2・3番線がスカイライナー用と案内上は明確に区別されていますが、実際にはこの原則に当てはまらない例外的列車も存在するため、全てのホームが大開口タイプとなっています。


2 ホームドアの開閉方式

京成電鉄のホームドアは、直通先の都営浅草線・京急線で採用されたQRコード式ではなく、センサ等の地上側設備のみで車種・編成両数の判別や車両ドアの開閉を検知する「地上完結型連携システム」によって制御されています。詳しくは別記事で紹介しています。

このシステムを構成する3種類のセンサ(停止位置検知用センサ・在線検知用センサ・車両ドア開閉検知用センサ)の配置図は以下の通りです。大まかな構成は2ビル駅と同じで、各ホーム3箇所の定位置停止検知用センサが車体長の違いを活用してAE形と一般車の判別も担います。

一続きのホームに京成本線と成田スカイアクセス線の列車が縦列停車する形となる2・4番線と3・5番線ですが、ホームドアのシステム的には完全に別々のホームとして扱われています。



JR線ホームに設置された昇降ロープ式ホーム柵(左)と京成線ホームの大開口ホームドア(右)。どちらもドア位置の違いを克服するために開発された点は同じです。

京成が現時点までに発表していたホームドア整備計画は、同駅のホームドア設置によって全て完了しました。今後は、2023年度までに完了予定の都営地下鉄浅草線ホームドア整備計画に伴い、押上駅の整備を管轄する京成が担当する他、東京都の鉄道駅バリアフリーに関する政策に基づき、時期は未定ながら京成立石駅でホームドア整備計画があるようです。



出典・参考資料


0コメント

  • 1000 / 1000